今年は広島じゃけぇ~3日目というか、もうすでに松山市なんよ~帰路編_其の③道後温泉

ゆぅ

コレ、押してね~♪⇒
人気ブログランキングへ

ついでに、こっちもね⇒にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村



さぁてと、今回の旅行の垢を落とすべく選んだ大トリになる場所「道後温泉」に到着です。



懐かしい~って思っちゃいました。以前来たのは高校生の時に自転車(ロードマン)で四国一周した時で30有余年・・・



ご存知ご当地小説「坊ちゃん(1906年)」の作者、以前の千円札に採用されていた「夏目漱石」先生の碑、いかにもっぽいですよね~



次いつ来るか解らないので、建物全体をなめる様に撮っていきたいと思いますw

裏側右斜め



側面左寄り



正面左斜め



真正面(もっと広角のレンズ欲しいと思う瞬間でもある)



お風呂行く前に、周囲を散歩してきます。



「ゆかご」温泉地よく見る風情あるグッズですが、さ・さんぜん萬圓也って、高い・・・



で、アーケード(南入り口)を抜けた先に在ったのは有名な坊っちゃん列車の終着駅「伊予鉄道城南線 道後温泉駅」



「坊ちゃんカラクリ時計」■上演時間・・・8:00~22:00(1時間ごと)、特別期間は30分ごと■特別期間・・・3月20日~5月30日、 7月20日~9月30日、11月20日~1月30日



道後温泉駅に停まっている坊ちゃん列車、記念撮影ポイントですね。



アーケード内の飲食店で昼飯食べようかと思ってましたが、大半の店が休憩時間で残念でした・・・

そんなもんで、いよいよ温泉に入る事にします。



事前の予習無しだと、その場でこの表を見てどれにするかを悩んじゃいますねw我が家は「神の湯二階席」で決めて来ました。





入り口受付より長い廊下を経て、まずは二階席に席取りに行きます。



廊下の突き当りには、面白い鏡が有りその奥にはトイレ、右側はご婦人用の「神の湯」、左は二階席への階段です。



二階席、撮影については従業員さんに聞くと「他のお客さんが写らないようにして下さったらOK」って事だったので、それを念頭に置き撮影を続行します。



まずは貴重品じゃないタオルなどを籠に目印に置いておく。



そして、階下の「神の湯」に突入、降りると広い脱衣場とロッカーがあり、いよいよ最古の温泉へ♪



で、さっぱりして再び二階席に戻ってきました。私たちの「神の湯二階席」プランにはこの「お茶」と「せんべい」が付いているのですが・・・



風情はあるのですが、今の時代エアコンが無いので、汗が止まりません・・・尚且つ昔から「夏ばて予防には「暑い時に熱いお茶を飲むのがいい」と聞きますので、我慢して飲みましたが、更に汗が増加して止まりませんwww



そこでこのメニューに目が行きます。



伊予柑¥290(私担当)+サイダー¥100(ぽんちゃん担当)



風情な氷の塊、何貫目?か解らないですが目で楽しませてくれます。(最近ならサマーウォーズを彷彿させるやつ)



二階席のインテリアに浴衣・・・風流ですね~



「神の湯二階席」の制限時間は1時間ですが、この時間は計測されtりる訳ではなく、あくまで道徳(良心に問われる)の問題なんですね。

ともかく、温泉を満喫して再び外へ・・・





ここでもお土産の名物「一六タルト&坊ちゃん団子」を調達!



帰宅後盛ってみました♪



坊ちゃんキャラと記念撮影



そしてここまで一人で運転してきて、最後の区間(高松⇒高知)はぽんちゃんに任して、風呂上りの一杯!



どれにしようかな・・・







悩んだ挙句「坊ちゃんビール(ケルシュタイプ)」・・・泡色麦芽を使った、切れ味の良いマイルドタイプのビール、フルーティーな香りが特徴とありました。



後は、肴ですが愛媛といえばコレ!「じゃこ天」焼きたてはさらに美味い!!





ビール美味い!もう一杯と今度は「白州伊予薫るハイボール」これ!















最後に駐車場から「道後温泉」ありがとう♪~また来たいな~





道後温泉本館

詳しくは⇒http://www.dogo.or.jp/pc/time/

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.