今年は広島じゃけぇ~3日目というか、もうすでに松山市なんよ~帰路編_其の②松山城

ゆぅ

コレ、押してね~♪⇒
人気ブログランキングへ

ついでに、こっちもね⇒にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村



今年は広島旅行でしたが、3日目は高知への移動を含めてですが、道中寄り道の地を松山に決めてました。

私が2歳くらいの時に連れてこられた事がある写真がアルバムに貼ってありましたが、全く記憶には無いんですよね、松山には時々来ますが松山城には寄った事が無くいつか来たいと思ってました。



広島県福山市を9:40に出発~しまなみ海道~国道196号~松山市に12:30着(2時間50分)まずは、松山城のロープウェイ乗り場(東雲口駅舎)へ。



ロープウェイは10分毎に動いています。料金は大人¥270(往復¥510)、小人¥130(往復¥260)



上り下りにはロープウェイとリフトどちらでも選べます。





石垣がすばらしいですね。



ここからやたら門があるんですね。







幾つも門をくぐって本丸にたどり着きました。この日もメチャ暑!松山市最高気温34.1℃



とりあえずアイスを!



蛇口からみかんジュース、面白いけど1杯¥300は高いね!



松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にあった日本の城。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。各地の松山城と区別するため、伊予松山城とも呼ばれる。現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。そのほか、昭和初期の1933年に大天守を残して焼失した、連立式天守群の小天守以下5棟をはじめとする22棟(塀を含む)が木造で復元されている。2009年のミシュラン観光版(ギード・ベール)日本編では二つ星に選定された。wikipedia参照



松山城のマスコットキャラクター「よしあきくん」は松山城の初代城主 加藤嘉明(よしあき)にちなんで名付けられました。お城山からいつも松山の地を温かく見守っています。松山城H.Pより引用



松山城天守観覧券 大人¥510 小人(小学生)¥150



ここの切符売り場で「番傘」の貸し出しがあるよ~



もう少し・・・石段少ないのね、



と思ったら現れましたw



やっと天守入り口まで来ました♪親切な人にシャッター押してあげるって声かけられました。で勢揃いカット!



ここが天守入り口付近の下駄箱、広いっす!



いきなり急勾配の階段が・・・







wow!刀だ!!重さを体験できるんですね。





とにかく急勾配



外から見えてましたが、天守が二つ有ります。

こちらは「小天守」





続いて「天守閣」





この暑いさなかですが、せっかくだからやってみました!「いざ出陣じゃ」体験、さくらが補佐をしてくれて装着できました!



帰りは、ももかが「リフト」に乗りたいって言うんで付き合ってあげました・・・暑い・・・







加藤 嘉明(かとう よしあきら/よしあき)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将・大名。豊臣秀吉の子飼衆で、賤ヶ岳の七本槍・七将の1人。伊予松山藩および陸奥会津藩初代藩主。

通称は孫六、後に官位と同じ左馬助と改める。諱の嘉明も後の名乗りで、初めは茂勝(繁勝)と名乗っていた。wikipedia参照



1602年(慶長7年)、伊予国正木城(松前)城主10万石の大名であった加藤嘉明が、関ヶ原の戦いでの戦功により20万石に加増され、足立重信を普請奉行に任じ、麓に二之丸(二之丸史跡庭園)と三之丸(堀之内)を有する平山城の築城に着手した。





松山城

所在地:愛媛県松山市丸の内

ロープウェイ 2月~7月 8:30~17:30

8月 8:30~18:00

9月~11月 8:30~17:30

12月~1月 8:30~17:00

リフト 通年 8:30~17:00

天守 2月~7月 9:00~17:00

8月 9:00~17:30

9月~11月 9:00~17:00

12月~1月 9:00~16:30
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.