関西の旅~初日_其の③(大阪城)

ゆぅ

実は当初の予定ではお昼は道頓堀で串カツ!って思っていたのですが、到着時間の遅れからPASSで、次の目的地「大阪城」に17時に到着、天守閣無理かな~って思ってましたが、夏休み期間中7月19日~8月24日までは19時まで延長していました。よかった~♪お城見物そこそこ好きなんですよね~♪



駐車場にとめて出てみると、でっかい堀がありますが、天守閣が全く見えません(スマホで位置確認をすると、どうやらこれは外堀のようですね)



そして、かなり歩いて、内堀を発見、そしてやっと門越しの天守閣発見!



わぁぁ~キンキラ付いてるし綺麗なお城だな~と思ったのが第一印象。



通称「太閤さんのお城」とも呼ばれているが、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などは徳川氏、江戸幕府によるものであることが分かっている。



大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。元々古墳時代の古墳があったと言われ、戦国時代末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが、1580年(天正8年)に石山合戦で焼失した。石山合戦終了後、織田信長の命令で丹羽長秀に預けられ、後に四国攻めを準備していた津田信澄が布陣したこともあったが、信澄は本能寺の変の際に、丹羽長秀に討たれた。その後、清州会議で池田恒興に与えられるも、ただちに美濃へ国替えとなり、秀吉によって領有された。そして秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改め再建した。その後、江戸幕府が大坂城代を置くなど近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。



現在は幕末期の櫓や門などが現存し、城跡は国の特別史跡に指定されている。昭和初期に復興された天守は登録有形文化財になっている。wikipedia参照





利用料金 大人¥600 中学生以下無料





天守閣入り口付近に「号砲」がお出迎え!





天守閣内は8階建てになっており1Fからはエレベーターで5階まで上がり、そこから階段で7階→8階(展望台)迄上がって、後は階段で1階づつ降りて展示物を眺める感じの順路だそうです。(内部は普通の建物ですねw)



エレベーターで5階まで上がりまずは「大阪夏の陣」の屏風やら、ミニチュアの展示が有ります。

「大阪夏の陣」1615年

冬の陣の翌年4月、家康は15万の大軍で大阪を攻めた。対する豊臣方の軍勢はわずか5万5千。

冬の陣の和睦の条件に堀を埋めることがあったが、家康は約束外の堀までも次々と埋め立て、大阪城は内堀だけの裸同然の城となっていた。

もはや城の外で戦う以外に道はなかった。5月6日から三日間にわたる最後の戦いである。geocities参照







そして、階段を上がり、なぜだか6階はフロアが無く7階(ココには豊臣秀吉の生涯と銘打った展示物が有り)



さらに上に上がると最終8階で展望台となります。

西向きの風景



南向きの風景



東向きの風景



北向きの風景



そして下りですが、4階と3階は撮影不可という事なので、割愛します。

こちらは2階のレプリカ展示(現在の天守閣で使われている鯱、伏虎などの原寸大レプリカ)



こんなのも有りましたが、時間がおしてるのでパスしちゃいました・・・



最後に1階に戻ってお土産屋さんが在り、すぐ横に大阪の陣の画であろう自販機が・・・



駐車場に戻ってきたのが、18:40頃で今晩のお宿のチェックインの時間をオーバーしちゃってますが連絡をして、向かう事に・・・ホテル編へ続く



大阪城天守閣

住所:〒540-0002 大阪市中央区大阪城1-1

電話:06-6941-3044

開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

休館日:12月28日から翌年1月1日

URL:http://www.osakacastle.net/



↓こちらのバナーを一日一回、是非ポチッと!お願いします。ヨロシク(^○^)/


人気ブログランキングへ

↓こちらも一日一回、是非!!o(^o^)o

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.