土鍋さくら発進!七草粥(番外編なので気にしないで下さい)

ゆぅ

ついに満を持して発信の時が来ました。(大袈裟w)





七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。



概要 /春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。



詳細 /以下は、関東地方の例である。

1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」をまな板の上に載せ、以下の歌を歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくする

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」

明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草を入れて七草粥にする。そして朝食として食べる。

いつもの様にwikipedia参照



↓こちらのバナーを一日一回、是非ポチッと!お願いします。ヨロシク(^○^)/


高知県 ブログランキングへ

↓こちらも一日一回、是非!!o(^o^)o

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.