お食い初め

ゆぅ

お食い初め(おくいぞめ)とは、新生児の生後100日目(または110日目、120日目[1])に行われる儀式。



「真魚(まな)始め」[要出典]または「食べ初め」、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸初め」[1]とも呼ばれるほか、祝う時期が生後100日前後であることから「百日(ももか)の祝い」「歯がため」と呼ぶ地域もある



個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。この儀式は、平安時代から行われてきたものである。



江戸時代には、生後120日経つと、飯や魚、5個の餅、吸い物、酒などの膳部(ぜんぶ;膳にのせて供する食物・料理)をそろえて幼児に食べさせる真似をした(Wikipedia 参照)



ママ方のおばぁちゃんから貰いました。



パパ方のおじいちゃんと一緒に・・・

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.