BCG

ゆぅ

通常、ツベルクリン反応検査の注射を行い、陰性(場合によっては疑陽性も)の場合に経皮接種が行われる。接種時期は以前は、幼児期、小学、中学の3回であったが、2005年の法改正により、接種時期は生後6ヵ月未満(生後3ヶ月以降が推奨されている)の1回となり、ツベルクリン反応検査なしで接種することとなった。



方法としては1960年代から管針法(直径2センチくらいの円の中に針が9本あるスタンプ状の管針と呼ばれる接種器を上腕部に2回押し付けて行う方法)がとられている。接種後しばらくは赤くはれた状態になり、かさぶた状に変化して、1ヵ月後にはかさぶたが取れて18個の痕がくっきり残る。この痕は時間の経過とともに薄くなり見えなくなっていくが、完全に消えることは絶対になく、痕が一生残ることになる。スタンプによるBCG接種法はほぼ日本だけで行われているものであり(他国では通常の皮内注射が利用されている地域が多い)、局所の炎症や潰瘍を軽減する効果があるとされる。



接種器の形、接種の仕方から「はんこ注射」や「スタンプ注射」などと呼ばれている。(wikipediaより引用)





上のスタンプの針一本足らないけど・・・
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.