高知市塩田町_タチアオイ(立葵)

ゆぅ

応援していただけるならコチラを押してください(^^♪⇒
高知県ランキング

SNSで最近俄かにアップされている塩田町(久万川沿い高知市社会福祉協議会の北側)のタチアオイが見頃だってことで行ってましたが、あいにくの曇り空・・・次の休日が晴れの保証も無いのでとにかく撮ってきました。
DSC02090.jpg

タチアオイ(立葵)とは、wikipediaで調べると・・・・当初は中国原産と考えられていたが、現在はビロードアオイ属(Althaea)のトルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種(Althaea setosa ×Althaea pallida)とする説が有力である。

日本には、古くから薬用として渡来したといわれている。

花がきれいなので、園芸用に様々な品種改良がなされた。草丈は1~3mで茎は直立する。花期は6~8月で、花は垂直に伸びた花茎の下から上に咲き上っていく。ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の頭頂部まで開花が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。花は一重や八重のもあり、色は赤、ピンク、白、紫、黄色など多彩である。花の直径は品種によるが大きなものでは10cmくらいである。

DSC02085.jpg

DSC02128.jpg

DSC02130.jpg

DSC02138.jpg
ココは堤防沿い、ランニングしてる方や散歩の方、タチアオイを見に来られているかや自転車等の移動道路、結構往来があります。鴨部に住んでいる時私たちも鏡川沿いを生活道路として使ってたことを懐かしく思います。
DSC02113.jpg
すぐ横の堤防からは、子供のころからなじみの久万川(昔はヘドロで汚かった)ですが、今は落ち着きのある川になってますね!
DSC02140.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.