新世界「透明標本」展 高知県立美術館

ゆぅ

コレ、押してね~♪⇒

ついでに、こっちもね⇒にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村



最近記事のUpが停滞気味で、ネタが古いですが、せっかく画像があるので上げていきます。



行ってみたいとは思ってました、ももさく達にも見てみたいって言われ、行ったのが8月14日(ちなみに展示期間は20日迄でした)



透明標本とは、小さな魚類、両生類などを科学的な処理で透明にし、骨を赤色や青色に染色するもの・・・というもの、TVのCMとか見て、単純に綺麗だと思って、みてみたくなりました。



透明標本は、作家の冨田 伊織氏によるもので、展示では宮地電機監修のライティングにより、目玉コーナーがあるそうです。



最近は撮影OK、拡散OKっていうのが、だんだん普通になり始めていますね。



初めてみる『標本』・・・というか、素直にアート作品って、とらえ方の意識が高いと思います。



できるだけ、明るくコントラストを強調するように撮って見ました。

画像だけでお楽しみくださいww

































展示の最後のコーナー、ココが目玉コーナーなんだな!4分間のサイクルで、光のアート展示をしています。

この展示テーブルの周囲に同じく円を描いた椅子が用意されていて、見入ってしまい、3サイクル見ちゃったw

















高知県立美術館

企画:新世界「透明標本」展

期間:2017.7.22~8.20

時間:9:00~17:00

料金:大人1,000円 高校生以下500円 3歳未満無料

URL:http://www.kochi-sk.co.jp/toumei/index.htm#top


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.