輪抜けさま2017 at 土佐神社

ゆぅ

高知の夏は輪抜けさまから始まり、志那ねさまで終わりますと言う人も多く、多くの人に親しまれているお祭りです。「輪抜けさま」は、正式には「夏越(なごし)の祓(はらい)」と言い、また、「水無月の祓」とも言われ、藩政時代から続く伝統行事です。緑の茅(ちがや)の輪を抜け、罪穢(けがれ)を祓い、緑の生気を得て暑い夏を健やかに、と祈ります。⇒Web高知記事より抜粋



小学生の頃は毎年友達と一緒に土佐神社に行ってましたが、中学生以降あまり寄り付かなかったですが、子供と一緒に最近は再びお祭りを楽しめるようになりましたw



長女はクラブ活動もあり帰宅遅めで、帰宅後親友と一緒にと・・・

次女も友達と18:30に入り口で待ち合わせということで、来るまで一緒に待ってあげて携帯電話を持たせ、帰りには連絡をしてね~って別れました。



そして1時間後位に次女さくらと再び合流、輪抜けに向かいます。



輪は左⇒右⇒左と回るため、とくに左回りが繋がって渋滞してます



家族の健康を祈り、屋台に行くかぁ~♪



よくわかんないですが、フラダンスみたいなのやってた。



さぁ!今年の屋台のトレンドは韓国からやってきた『電球ソーダ』なんですって!





電球底とストローにセットされたLEDが様々な色に変化し、光の演出をしてくれます。













輪抜けさまや、しなねさまは偶々休みだったら行ってますので、しなねさまも休みだったら良いな~と思いつつ終了。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.